ときの流れに色あせぬもの

いま書きたいことをいま書く。 緑のふるさと協力隊として山形県小国町(おぐにまち)に移住したわたしの1年間の言の葉。そして、協力隊後のわたし。

箱根 星 ラストスパート


こんばんは♪


朝晩はマフラーが欲しい寒さになってきました。

わたしはマフラーが大好きです。

マフラーに口の部分まで埋まってふぅーふぅーとするとあったかくなって外を歩いていてもそこだけわたしだけの空間になった気がします。

そんな感じが好きです。笑


お仕事が終わって旅館を出て、50歩で家なのですが、空をみると星がキレイでした(๑′ᴗ‵๑)

小国ではもっとキレイな星空を見ていたのですが、久しぶりの星空...感動しました。幸せになりました。


住み込みのお仕事もあと7回出勤したら卒業です!

さっき、一緒に働いているおじさんにもうすぐでお仕事卒業ですというと「えー寂しい、残される身になってみてよ、寂しいよ。」と嬉しい言葉と一緒に


出会いは別れの始まり


という言葉をいただきました。

わたしは大学を卒業した後、1年ごとに環境がガラッと変わるので普通にしていたら出会えないであろうたくさんの人に出会って別れてを繰り返しています。

大切な人と別れる度に号泣の連続です。実家を少しだけ離れるときもその度にうるうるします。


そういえば、ついに!ついに!

小国にいきます٩( ´◡` )۶

今年3月に小国を離れるときには多分泣きませんでした!

永遠の別れではないことを知っていたからですっ(  • ̀ω ⁃᷄)✧


日程は10/31〜11/4です♪

会いたい人がいっぱいです!!


たのしみですー( ॢꈍ૩ꈍ) ॢ*